甘辛な味付けの料理を作るときには

甘辛い味付けの料理って、ご飯が進むので食卓に1品あると嬉しいですよね。
でも、あまり辛いと食べにくかったりして、逆に食欲を落としてしまいかねません。
甘辛料理を作るときのポイントとしては、最初から辛すぎる味付けにしないということです。
今は便利に後で辛さを追加できるような調味料が市販で購入できるので、作るときはあまり辛いのが苦手な方の下に合わせて甘辛料理を作っておくと失敗しないし残ることもありません。
例えば花椒の入った辣油やチューブタイプの豆板醤など、食卓に出せる調味料が豊富です。
好きに味付けをし直せるという点でも、食べる側の自由度が増すので自分好みに辛さを変えられるのは意外と受けるので試してみましょう。
辛さが苦手な方も、ちょい足ししていく中で辛さに慣れ、徐々に辛さが強くなっても食べられるようになるので一緒に食卓を囲んで様子をみて行きましょう。
同じ辛さが食べられるようになっても、ちょい足し調味料は便利に使えるので用意しておくといいですね。