人が感じる味でお酢は酸っぱさが最も敏感 

人間が口や舌で感じる味、味覚というの基本的には味は「五味」あるとされています。さて、其の味の基本的な要素である五味というのは、一体どんなものなのかといいますと、ご存知のように甘味(あまい)・塩味(しょっぱい)・酸味(すっぱい)・苦味(にがい)それに、所謂、うま味という味もあります。しかし、其の他にも人の感じる味の感覚というのは渋味や辛味、「えぐい」とかいいますけど、今人気のシナモンとかニッキというのはどの様な味か、チョット表現が難しい感じですが、其れはさておき、其の中でもお酢は味である酸味、酸っぱい、筆者の田舎では「すっかい」ともいいますが、これ等五味のうちでも一番敏感に感じるらしいですね。従って、お酢は酸っぱい味ということで好きな人は極端に好きだし、中には「お寿司は好きだけど、お酢はあの酸っぱい味がね」と毛嫌いする人もいるようです。 そういう筆者自身は酢の香りや味が大好きで、子供の頃から酢のものとか酢味で和える食べ物は大好きでしたし、今でも時折、料理の品目の中にはお酢は欠かせないものとして、料理の味付けに含まれています。