お酢は飲まずにいられなくなってしまった

お酢は元々ダイエットのために飲み始めたのですが、1本飲みきっては止め、また再開しては止めというのを繰り返していました。最初はどうしても酸っぱいしむせるしで大変だったんです。とはいえ体には良さそうだし、確かに体重計に乗った時に内臓脂肪が減っていくので、料理に使ってみることにしました。料理には穀物酢と黒酢を合わせて使っています。この方が節約にもなりますから。お酢はそのままだと匂いもきつければ味もツーンとしますが、加熱するとかなり刺激が弱まります。そのため酢の物などにはせず、玉ねぎと合わせたマリネ液などにして、ちょっと加熱して使っています。煮物や汁物の仕上げにさっと回しかけることもあります。ところが最近はお酢に慣れてきたのか、調理するだけでは飽き足らず、また水で薄めて飲むようになってしまいました。お酢はメーカーによって味も様々です。飲み比べて好みの味を見つけるのも楽しくなってきて、1日1杯は体が欲しがるようになってしまいました。”