中華の甘辛料理である回鍋肉作りのポイント

中華で甘辛料理の定番といえば、回鍋肉がパッとすぐに思い浮かびます。この回鍋肉を作る時のポイントは野菜の炒め具合ですが、それと同じぐらい大事なのが味付けについてです。

回鍋肉の作り方は人によって千差万別ですので、どのやり方が正しいというわけではないのかもしれません。私の場合の味付けは、味噌、塩、コショウ、みりん、料理酒、しょうゆ、砂糖、そして豆板醤を加えて作っています。

これらの味付けで主に甘さとなる味噌や砂糖、そして辛さとなる豆板醤をどう加えるかがおいしい甘辛料理を作るためのポイントです。甘さは多少バラつきがあっても何とかなるのかもしれませんが、辛さは間違えてしまうと辛過ぎておいしくなくなってしまいかねません。ですから、豆板醤をどれぐらいいれるかが重要だと私は思っています。

回鍋肉は調味料を数多くミックスさせるのでその分慎重にならないといけないですが、上手くいけばとてもおいしい甘辛料理ですのでしっかり極めていきたいです。