だしを上手にとった煮物は美味しい

通販で便利な調味料のセットにもだしが組み合わさるパターンって結構多いです。それだけだしを使う家庭は多いということ。だしを取る際に、やはり煮すぎると苦味もでてくるので、さじ加減がとても難しくなります。特にだしの旨み成分を取ることが重要になるため、鰹節・昆布・いりこなど使ってだしを取る場合には、きちんとだしをとる時間など考慮してから行うことが大切になります。少しでも長くだしを取りすぎてしまうと苦味が出てくるので、かなり渋みがある料理になることもあります。煮物は特にだしの味がしみ込み美味しく仕上がるので、だしの取り方は十分気をつけて行うことが大切になります。干し椎茸を使った煮物は椎茸の旨みが出て美味しいですし、干し椎茸を水に戻した後、煮物に使うと美味しいですし、干し椎茸の旨み成分がたっぷり出ただしで煮込むと仕上がりも上品で美味しい煮物が簡単に仕上がります。干し椎茸を上手に活用することで、煮物の仕上がり感も大きく違いが出てきますし、美味しいのでレパートリーの一つになります。だしの取り方は煮すぎないことがポイントになります。