中華だしは欠かせない!

我が家でのおうちごはんで大活躍しているのが、味の素丸鶏がらスープの素の中華だしです。スープのだしとして活用するのは定番ですが、それ以外で特に和え物の常備菜を作るときによく使っています。まず一つ目のお勧めするレシピは、もやしとメンマのナムルです。サッと茹でたもやしと、細切りにしたメンマを、中華だしとごま油をベースに和えるだけです。お好みで醤油と塩を少し足す程度です。塩をメインで和えるよりも、味の旨みが深まり、淡泊な味わいのもやしでも、とても食べごたえのある味わいに仕上げることが出来るので、とてもお勧めの一品です。他にお勧めする一品は、きゅうりの簡単な漬け物風です。ポリ袋にざっくりと切ったきゅうり、めんつゆ、酢、中華だし、チューブのにんにくとショウガを適当に加えて揉み込むだけで完成です。家に常備している調味料だけで、とても手軽に美味しく作ることが出来ます。このレシピもそうですが、塩を入れるのではなく、中華だしを加えるというのが、やはり同じく旨みを深めてくれていると思います。どちらのレシピも手軽で多めに作って常備菜として大活躍なのでお勧めします。